連絡先

日本環境毒性学会事務局

〒305-0863
茨城県つくば市
緑が丘21-12
TEL: 089-946-9902(直通)
E-mail: office@jset.jp

第25回(2019年)日本環境毒性学会研究発表会

開催概要

日   時 2019年9月25日(水)〜27日(金)
会   場 国立研究開発法人 国立環境研究所 大山記念ホールほか
〒305-8506 つくば市小野川16−2
https://www.nies.go.jp/gaiyo/kotu/index.html
参 加 費
一般会員 会員外(一般) シニア会員 学生会員 学生(一般)
4,000円 8,000円 2,000円 1,000円 3,000円
要旨集代を含みます。当日会場でお支払いください。
シニア会員:現・旧環境毒性学会会員のうち65歳以上の方。
昼食(お弁当):500円にて手配できます(要事前予約)。
懇 親 会 2019年9月26日(木)18:30から
会費:一般5,000円,学生1,000円
参加および発表申込 発表申込期限:2019年8月20日(火)17時までに延長しました。
申込用紙をダウンロードし,郵便またはE-mailにてお送り下さい。
口頭発表を希望される方は併せて要旨の提出をお願いします。
開催案内および
申込用紙
  開催案内・要旨作成要領(PDF)    申込用紙(MS-WORD)

日程

2019年9月25日(水)
午前

午後
13:00–13:40,16:40–17:15
17:15–19:00
奨励賞発表(一般発表)
幹事会
一般発表
ポスター発表コアタイム
自由集会(企業紹介コーナー,SETAC Japanコーナーを予定)
2019年9月26日(木)
午前

13:00–14:00
14:00–17:00
18:30–20:30
一般発表
企画①「環境毒性学の今昔〜先輩研究者に聞く」
総会
企画②特別シンポジウム「化学物質に関わる環境政策の現場から」
懇親会
2019年9月27日(金)
9:30–12:00
12:15
午後
企画③「環境リスク評価における(Q)SAR活用の現状と未来(仮題)」
閉会
国環研見学会,農薬勉強会(自由参加)

特別シンポジウム・企画セッション

①化学物質に関わる環境政策の現場から
②環境毒性学の今昔〜先輩研究者に聞く
③化学物質評価・管理におけるQSAR等の予測手法の活用について

「奨励賞」および「ポスター賞」について

口頭発表については,大学院生や実務に就かれて間もない若手の研究者の方を対象に「奨励賞」(高専・学部生・修士学生部門と,博士・社会人部門の2部門に分け,35歳以下を対象)を,授賞致します。
また,ポスター発表については,全発表者を「ポスター賞」の審査対象者と致します。
各賞に応募される発表者の方は,その旨を発表申込用紙にチェックして下さい。
なお,受賞者の発表は総会にて行う予定ですので,出席をお願いします。 

発表要領

口頭発表について:20分間(発表15分,質疑討論5分)※特別セッション等例外あり
・Windows PC(PowerPoint 2016, Windows 10)を準備します。操作は基本的には演者自身でお願いします。
・Macintoshをご利用の方はWindowsで利用可能な形式にするか,コンピューターを持参して下さい。
・発表用のファイルは,USBメモリに保存して持参して下さい。
・発表のファイルは,開会の前または昼休み中に各会場のPCにコピーして下さい。

ポスター発表について
・ポスターはA0サイズで作成してください。
・ポスターの掲示は発表会1日目の昼食休憩終了までに行い,撤去は3日目の12時までにお願いします。
ポスター発表についても任意で要旨(<200字)の提出をお願いします。なお、「ポスター賞」の審査に要旨の有無は影響しません。

問い合わせ先

第25回日本環境毒性学会研究発表会
国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター
山本裕史(大会実行委員長)
参加申込:林 岳彦(財務部会長)
講演申込:渡部春奈(講演部会長)
展示・広告申込:山岸隆博(総務部会長)
〒305-8506 つくば市小野川16−2
TEL: 029-850-2754 or 029-850-2864
E-mail: referencelab.risk@nies.go.jp