連絡先

日本環境毒性学会事務局

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
TEL: 03-6824-9370
FAX: 03-5227-8631
E-mail: jset-post@bunken.co.jp

環境毒性リレーセミナー第2回

沢山の方にご参加頂き、ありがとうございました!第2回環境毒性リレーセミナーの動画をYoutubeで公開しています(こちら)。ご参加頂けなかった方も復習したい方も是非御覧ください。

この度、環境毒性リレーセミナー第2回(オンライン:Zoom)を開催することになりました。環境毒性学に関する活発な情報交換の場となれば幸いです。

参加費は無料です。原則、学会員を対象としておりますが、詳細等は下記をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

環境毒性リレーセミナー第2回
「環境毒性データをGLM、GLMMを使って解析してみよう」

話題提供者:岩崎雄一(産業技術総合研究所)・石母田誠(残留農薬研究所)
日時:1月27日(木)14:00~15:40

セミナーの目的
一般化線形モデル(GLM)、及び一般化線形混合モデル(GLMM)は、生物の生死やカウント(離散)データなど、観測データそのものが必ずしも正規分布しないデータ(例えば,二項分布やポアソン分布に従うデータなど)にも適用可能な(線形の)統計モデルの総称である。環境毒性学分野においてもこれらの統計モデルはデータ解析の幅を広げる有用なツールとなりうることが期待される(が,あまり使われていないのが実情ですよね…)。
そこで,第2回では,GLMやGLMMを用いて環境毒性データの解析を進めている2名の講師にその利活用方法などを紹介していただいき,質問・疑問を交えGLM、GLMMの理解を環境毒性学や生態リスク評価に関わる関係者間で深めることとしたい。

開催方法
オンライン開催(Zoomを使用)
無料です。環境毒性学会員以外の方も参加可能です。「面白そうだな!」や「応援したい!」と思われた方は,本会への入会や年会への参加を是非ご検討ください。

タイムスケジュール(若干の変更がある場合があります)
------------------------------------------------------------------------
14:00~14:10
すぐ終わる趣旨説明
羽野健志(水産・研究教育機構)

14:10~14:40
演題(1):2 値データの解析には一般化線形モデルを使いましょう:割算値の利用からの脱却のススメ
話題提供者:岩崎雄一(産総研)
1. 割算値を使うことのデメリット
2. 生死の2値データにGLMを使うことのメリット
3. Rでどうやって解析するか?(コードを使った簡単な説明または実演)

14:40~15:10
演題(2):毒性データをGLMMで解析して見えてくること
話題提供者:石母田誠(残農研)
1.GLMとGLMMとの違い
2.GLMMを使う理由およびメリット
3.Rを用いたGLMMの使用例

15:10~15:40
総合討論 

1.GLM,GLMMに関する疑問,質問をなんでも募集しています。下記zoomで参加登録の際、備考欄にご記入ください。
2.「手持ちのデータを解析してほしい」という要望も受け付けます。講師に事前にデータをお渡しし、セミナー内で解析を実演し解説も頂く予定です。
  1~2件程度を想定しており、要望多数の場合、先着順とします。あまり複雑なモデリングになる場合はお断りすることもあります。
3.疑問、質問、データ解析要望はできるだけ早めにお送りください。直前の質問等は拾いきれない可能性があります。
 ①添付ファイルを伴わない疑問・質問:zoom上で参加登録の際にお願いいたします。登録後の質問は meeting at jset.jp まで。
 ②2.に沿った手持ち添付ファイルを伴う要望:秘匿性を十分に考慮した(未公開データであれば実験の詳細が分からないように加工)データファイルを(エクセル等)羽野 ( hntks at affrc.go.jp )までお送りください。

------------------------------------------------------------------------

参加登録方法
以下のURLからお申し込みください。
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZMlfuqsrDsiGtJDxuZJRZD_V0MfS61gxzvJ
*参加申込は当日まで受け付けていますが,人数把握のために早めに参加登録ください。
*もし申込みが100名を超えた場合は,Youtube等での配信も含めて検討する予定です。

環境毒性リレーセミナーに参加する際のお願い
・Zoomのインストールや通信環境については,参加者ご自身で準備ください。
・セミナーは,日本環境毒性学会の有志が事務局として(手弁当で)運営することで開催しております。諸々お手柔らかにお願いします。
・ページ内の日時はすべて日本時間です。
・当日のセミナーは録画し,Youtube等での配信も予定しています。

問合せ先
日本環境毒性学会 事務局
meeting (at) jset.jp

参考文献
久保 拓弥 (2012) データ解析のための統計モデリング入門――一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC (確率と情報の科学). 岩波書店
粕谷 英一(2012)一般化線形モデル (Rで学ぶデータサイエンス 10) 共立出版
馬場真哉(2015)平均・分散から始める 一般化線型モデル入門.プレアデス出版,
玉井聡子,岩崎雄一,石母田誠,柏田祥策(2017)2値データの解析には一般化線形モデルを使いましょう : 割算値の利用からの脱却のススメ. 環境毒性学会誌 20(2), 51-58. https://doi.org/10.11403/jset.20.51